ビジネスローンを東京で借りたい!信用情報の影響は?

ビジネスローンを東京で借りるとき、信用情報がどのくらい影響するのかを知っておくべきです。銀行のビジネスローンを利用する場合、代表者の属性についても調べられるということは、意外と知られていません。 審査ではもちろん会社の情報は調べられます。法人カードや事業者ローンをすでに利用している場合にはその返済履歴も重要です。さらに、会社の代表者の信用情報もチェックされます。会社の経営状況が良好であっても、代表者が過去に自己破産をしているなどの理由で審査に落ちることがあります。 個人事業主の場合には、基本的には審査内容は個人向けカードローンと変わりがありません。銀行は主に法人を対象としているので、個人事業主の人は消費者金融の事業者ローンが主な選択肢となるでしょう。

東京で借りるなら消費者金融のほうがよい?

東京でビジネスローンを借りる場合、まずは銀行を検討したほうがよいです。一般的に、銀行のほうが低金利で借りられる傾向があるからです。長期的に利用をするという場合には、銀行で借りておき、ローンの利用実績を積んでおいたほうが、いざというときに借りやすくなるでしょう。 特に借金をする理由がなくても、銀行と良好な関係を築くためにお金を借りておくことはおすすめができます。会社の経営状況が悪化してから銀行で借りようとしても、多くの場合に審査に通りません。経営状況が良好なうちにローンを利用しておきましょう。 消費者金融のほうが良いケースとは、急いで借りたい場合や無担保・無保証で借りたい場合などです。銀行では審査に時間がかかる傾向ですが、消費者金融なら最短で2日くらいで融資を受けられます。

その他審査で重要になるポイントとは?

銀行で借りる場合には信用情報はとても重要になる傾向です。過去1年以内に延滞が1回あるだけでも審査落ちの原因になるようです。審査は総合的な内容でされるので、延滞があるから絶対に通らないということではなく、総合的に信用があることが重要になります。 消費者金融で借りる場合には、信用情報に多少の傷がついていてもそれほど影響しないこともあるようです。消費者金融では、返済能力の有無が重視される傾向です。会社の経営状況が良好であること、事業が安定していること、創業年数が長いことなどがポイントとなります。 基本的には黒字経営でないと借りられませんが、税金対策で収入を少なくする工夫をしているケースなどでは、赤字でも借りられる可能性があるでしょう。一時的に高収入を得ているよりも、安定継続的に収入があるということのほうが重要です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加