事業資金として利用できる東京のビジネスローンの審査について

銀行や信用金庫、消費者金融などにはお金の使い道が自由に選ぶ事が出来るカードローン、フリーローンなどのローン商品が用意されています。 お金の使い道が自由になるだけでなく、保証人や担保が要らない事、消費者金融の場合は総量規制が適用されるので年収の3分の1未満までなどの制限がありますが、銀行などと比較した場合審査が柔軟に行われるので利用がしやすいメリットもあります。 しかし、使い道が原則自由のカードローンやフリーローンは事業資金としての利用は認められていません。個人事業を手掛けている人の中には事業性資金として申し込みを行いたいケースもあるわけです。 ビジネスローンは事業性資金として利用が出来る専用のローンで、東京の中には個人事業を手掛けている経営者向けのローン商品を用意している金融会社が多くあります。

事業性資金に利用可能なカードローンを用意している銀行もある

銀行のカードローンは事業資金としての利用が出来ないケースが多くありますが、カードローン商品の中にはビジネスローンとして利用可能なカードローンを用意している銀行もあります。 さらに、普通のカードローンと同じように申し込みから融資実行までを同じ日の中で行えるなどの利便性、保証人や担保などがなくても申し込めるようになっています。 尚、事業資金として利用する事ができるローン審査は、設立仕立ての会社でも通りやすいなどと言われています。設立したばかりの会社の場合は、前年度の年収や経営状態などのチェックができないので、一般的には融資をしてくれる金融機関はないとイメージする人も多いのではないでしょうか。 しかしながら、融資額に応じて柔軟な対応をしてくれる東京の金融機関もあります。

事業計画書の提出が必要になる事もあります

経営状態が順調の会社などの場合、ビジネスローン審査は柔軟な対応をして貰う事ができます。前年度の売り上げなどを証明する書類を提出する事で、信用を得る事が出来るわけですから、融資の可能性も高くなります。 これに対して、新しい会社の場合は過去の売り上げ実績などがないため、信頼性に欠けてしまう、融資をして貰えないなどのイメージを持つ起業家も多いのではないでしょうか。 こうしたローン商品は消費者ローンと同じように信頼性を重視していますが、新しい会社などの場合は事業計画書の提出を行う事で、将来的な債務の支払いが出来る会社、融資を行っても問題がない会社などのように見なされるので、新しい会社の場合でも事業性資金として利用可能な融資を受ける事は可能になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加